バレて恥ずかしい節約術は卒業しよう!

こんにちは。

蓄電池普及促進協会です。

光熱費を安くするために節約を頑張っていたのですが、ほどほどにしたほうがいいなと思わせる一件がありましたので書かせていただきます。

少し前に子どもが友達のおうちでお泊りさせてもらい、帰宅してからたくさんお話ししてくれました。

「〇〇ちゃんと二人でお風呂に入ったけど、シャワーは使ったらダメって言われたの」

「パパのパンツで濡れたとこ拭いてた」

「ティッシュを一枚ずつ剥がして使ってたよ」

お友達の家の事を事細かく話す我が子にもうそこまで成長したのか、と感心したと同時にそんな細かいところまで見てるの?と驚きました。
たまに度が過ぎた節約してることもあるので子どもがどこかで話してくるかもしれない、明日は我が身だ・・・と冷や汗たらり。

お友達が来た時には自分の家のルールはお友達の家のルールと違うので、お友達が気持ちよく過ごせるようにしてあげるなどわかりやすく説明してあげないといけませんが、きっちり理解してもらうにもまだまだ時間がかかりそうです。

それならば、人に見られずバレずにできる節約術があるといいと思いませんか?

そんな勝手に節約できるようなことがあるのか?

と半信半疑になってる方も多いかと思います。

頑張らなくても節約する事ができると、家族間でも強要する必要も我慢する必要もなくなり快適な生活を送れますね。

そんな方法は

・・・あるかもしれません。

蓄電池普及促進協会と一緒に最善策を見つけていきませんか?

まずはご相談ください。

個別相談窓口

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 光熱費削減のためには??
  2. 光熱費無料診断
  3. ストイックになるのもほどほどに!
  4. 節約がストレスになってませんか?
  5. 屋外でも発電?
  6. まずは相談だけでも!
  7. 後悔のない契約をするために!
  8. 水不足?
PAGE TOP