オール電化にしたくない理由

こんにちは。

蓄電池普及促進協会の岸本です。

 

「オール電化にすると光熱費が下がるのはわかるけど、料理するのにIHクッキングヒーターは使いたくないと妻に言われて…」

といった相談を先日受けました。

こちらのご家庭でのオール電化にするにあたっての唯一の不安はIHクッキングヒーターにしないといけないことなのだそう。

やっぱり料理はガス火!というのはよくわかります。

私も飲食店で調理したりしていたので、ガスの火力にはこだわりがありました。

しかし、IHで困ることってあるのでしょうか?

【炙ること】ができない!

…と思ってました。

しかし、

ラジエントヒーター付きのモノだったら網などを置くと炙ることまでできるんです!(メーカーにより推奨しないものもありますが…)

トマトの皮むきだって簡単にできますね!

ラジエントヒーターとはトッププレートの下に、ニクロム線を渦巻状にして埋め込んだ調理器具です。

金属鍋はもちろん、IHクッキングヒーターでは使えない耐熱ホーロー鍋や、超耐熱ガラス鍋なども使うことができます。(これも知りませんでした)

3口のIHクッキングヒーターの一番奥の部分についてることものが多いですね。

私の友人が自称ラジエントヒーターマニアでして、そこでお餅を焼いたり、お肉まで焼いたりしてフル活用しているのを聞いて驚きました。

お肉は油が落ちる可能性があるのでマネしないでください(笑)

よく調べてみるとガスより熱効率が良かったり、機能的にガスと遜色なく使えるIHクッキングヒーター。

使ってみるまでは抵抗あるかと思いますが、使ってみたらやめられなくなりますよ!きっと(笑)

オール電化をご検討されてるのなら、まずはシミュレーションから!(地域や生活スタイルによっては効果が薄い場合がございます)

光熱費の無料診断致します!

 

 

関連記事

  1. ほんとに知りたい情報は専門家へ
  2. 後悔のない契約をするために!
  3. 省エネ 節約方法 エアコン編
  4. 蝶か蛾か?
  5. 梅雨の湿気対策してますか?
  6. 快適な我が家になったら??
  7. FIT制度終了間近の方!選択肢は一つではありません③
  8. 蓄電池の種類
PAGE TOP